フォト
無料ブログはココログ

« 補講2 | トップページ | ほっとひとときの金曜日 »

2008年11月27日 (木)

リーダーシップ論

 政治学は前回は権力論、そして今回は政治的リーダーシップ論である。リーダーシップには、特性理論と状況理論があるが、リーダーが状況によって生まれてくる例としてヒトラーのドイツを取り上げた。ドイツ人に対する過酷な懲罰としてのベルサイユ条約、最も民主的なワーマール憲法、そして大恐慌という状況がナチスを生んで、第2次世界大戦につながっていった。悲惨な具体例として、アウシュビッツを取り上げたが、こうした話は、いつも気が重くなる。とりわけ、いずれも、ドイツ国民の圧倒的な後押しがあったという点において。

« 補講2 | トップページ | ほっとひとときの金曜日 »

研究室から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400521/25701491

この記事へのトラックバック一覧です: リーダーシップ論:

« 補講2 | トップページ | ほっとひとときの金曜日 »