フォト
無料ブログはココログ

«  地元との協働事業 | トップページ |  学校の先生の中間テスト »

2009年8月 1日 (土)

 試験の採点

 文科省の指導とかで、授業は15回きちんとやるというのが、取り決めとなった。ここ数年、定着というか、厳しく守られるようになった。その15回目は確認をかねて、テストとしてよいということになっていて、大半の先生は、15回目にテストをする(15回目もしっかりと授業をしなければいけないという見解もあるようだ)。昨日が、その最終日であった。人の能力はさまざまで、すばやく書く人と、どうしても時間がかかってしまう人がいる。昨日の試験は5時間目であるから、時間はいくらでもあると考えて、書き終わるまで待つことにした。夏の日は長いということは、いいことだと思う。金曜日は、いつものように来客日。お昼に東京都の方。高校を出てそのまま役所に入ったということで、女性であったが、キャンパスやカフェテラスでの食事を喜んでいた。午後は、学陽書房の方。学陽書房の友人のSさんの後輩ということである。こちらは新しい本を書かないかというお誘いであった。それにしても、大学は緑が多く、気持ちがよい。学生たちは、この時間を大いに楽しんでもらいたい。

«  地元との協働事業 | トップページ |  学校の先生の中間テスト »

研究室から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400521/30781089

この記事へのトラックバック一覧です:  試験の採点:

«  地元との協働事業 | トップページ |  学校の先生の中間テスト »