フォト
無料ブログはココログ

«  京都議定書 | トップページ |  インターンシップ発表会 »

2010年11月26日 (金)

 ボランティア論

101122_1754001  今週は、火曜日が祝日なので、授業は月曜日だけ。政治学は、外部講師の振り替えになり、授業らしい授業は、ボランティア論だけになった。ボランティア論は、全学共通科目という位置づけで、つまり、社会マネジメント学科の学生以外も受講する科目である。実際、全学科の学生が受けているが、唯一、社マネの学生だけは、だれも受講していない。その理由は、私が社マネの全学生から嫌われているか、同じ時間帯に、必修科目が入っていることなどが考えられるが、前者ならば、これは辛い。ボランティア論は範囲が広いので、今回の授業では、世界のボランティア政策を紹介している。米国、英国と続いて、次回はドイツのボランティアを紹介しようと思う。このように世界のボランティアを概観すると、ボランティアとは何かという基準が微妙に違うことに気がつく。その基準を変えると、国民同士が協力し合ってきた日本の場合、ボランティア大国ということになるのだろうか。こんな事情で、今週は、お昼を食べながら、お客さんと話すようになった。

«  京都議定書 | トップページ |  インターンシップ発表会 »

研究室から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400521/37852906

この記事へのトラックバック一覧です:  ボランティア論:

«  京都議定書 | トップページ |  インターンシップ発表会 »