フォト
無料ブログはココログ

«  やはり団結力の松下ゼミ(4年生) | トップページ |  シンポジュームその後(3年生) »

2011年11月30日 (水)

 授業から

 111130_1747001 5時限目は政治学である。政治学は、国際政治に入った。国際政治は、国家のように管理する中央政府がなく、アナーキーと言われる。そのなかで、どうすれば自国の利益を追求し、紛争を起こさないですむかを論じることになる。強国に挟まれた小国は、どのように自己の利益を追求するか。勢力均衡論、バックパス、バンドワゴン、宥和策などを紹介して、小国の首相になったつもりで、考えてもらった。他国同士を争わせることで、自国の利益を追求する手法(バックパス)の説明では、学生たちは顔をしかめていた。ある意味、正常な反応かもしれない。しかし、わが日本も憲法9条を盾に、アメリカと中国を対峙させているのであるから、他人事ではないのだろう。私は、日々は、信頼、協力を基本に地域づくりを論じているのに、国際政治ではずいぶんと違う話になった。

«  やはり団結力の松下ゼミ(4年生) | トップページ |  シンポジュームその後(3年生) »

研究室から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400521/43207643

この記事へのトラックバック一覧です:  授業から:

«  やはり団結力の松下ゼミ(4年生) | トップページ |  シンポジュームその後(3年生) »